スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by なにわのにわこ
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

怒った顔

「怒った顔して」と言うと
DSC_5201.jpg
むぅ~

DSC_5202.jpg
こんな顔をします。
スポンサーサイト
by なにわのにわこ
23:13 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初めてのお料理。

DSC_5128.jpg
しまじろうのオマケで付いてきたお料理セット。
メル君をおぶって張り切って料理をしている(フリをしている)ニワスケ。

その様子をみていたら、何か一緒に本物を作ってみようと思い立ち
ネットで簡単レシピを検索。「ビニール袋でできるバナナクッキー」とやらを発見し
かなり黒くなり早急に消費に勤めねばならぬバナナもちょうど手元にあり
早速作ってみることに。
DSC_5134.jpg
材料をビニール袋に放り込んでモミモミするだけ。の、まさに幼児向け。
「モーミモミ」と歌いながら一所懸命モミモミ。

DSC_5148.jpg
後は天板に並べて焼くだけ。天板並べ係はもちろんにわこ。

DSC_5155.jpg
結構おいしく焼けました。

生地を直接触らせるのは後始末を考えると躊躇してしまうのですが
この「ビニール袋」ってのが
かなり幼児の料理参加へのハードルをさげるアイテムだと身をもって実感しました。
結果的には所要時間20分(オーブンの時間含まず)
洗い物、ビニール袋のおかげでほとんどなし。
それなのに、今日はとっても丁寧な育児生活をした!という気分になれる
お得な遊び、お料理体験。

おぅ、流行の食育じゃん。


by なにわのにわこ
22:26 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

かしこい!

学研のしまじろうの本をひとりで見ていたニワスケがおもむろに立ち上がり
根菜を入れているバスケットへ。
DSC_5044.jpg

バスケットからサツマイモを取り出し、またしまじろう本を開く。
DSC_5047.jpg
おお!しまじろうが焼き芋をはんぶんこする話を読んでいたのか!

そうそうそうなのよ!しまじろうがお友達にはんぶんこして分け与えているのは
ニワスケの持ってきたサツマイモなのよ!!

ニワスケのカシコイ行動に感激したにわこは早速サツマイモをふかし、
ニワスケの目の前で半分に割ってみせ「しまじろうと一緒のはんぶんこだね」と
分け与えたのですが、その時にはもうしまじろうのことはどうでもよくなっていて
「ふーん」と言ったようなリアクションで肩透かしでした。
でも、二歳を過ぎ、ちょっとづつ賢くなってきたんだなぁ…と
実感する出来事で素直に単純に嬉しく思いました。

実際のところ、毎月届くしまじろうの本やおもちゃ、ちょっと邪魔だし
あんまり遊ばないしそろそろ止めようかなぁと思っていたのですが
そんな矢先の今月号は絵本もよく見るし、付録のおもちゃでもよく遊ぶのです。

学研はそんな頃合も見計らって食いつきの良いおもちゃやお話を
年末や年度末に配しているんだろうなぁと思ったのです。あ、にわこも結構賢そうなこと考えてる!

by なにわのにわこ
22:44 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

チーム、コロコロ。

風呂上りの寝るまでの遊びの時間。

カーペットコロコロを持ってうろうろしていたニワスケをほうっておいて
リビングでお茶を飲んでいたら
台所から「チーム・コロコロ!」との掛け声とともに
コロコロを転がしたニワスケが走り出てきました。
DSC_5185.jpg
DSC_5188.jpg
そしてコロコロしたままリビングを一直線に走り抜けていきました。

そうか~「チーム・コロコロ」なんだ…

で、他のメンバーはいるのでしょうか?
平和で害のないチームだとは思いますが、勧誘されてもにわこは入りません。

ま、「チーム・コロコロ」とはにわこのソラミミだと思うのですが
かなりツボにはまり、飲んでいたお茶を吹き出してしまいました。
by なにわのにわこ
23:03 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ナルシスト?

ニワスケにパジャマを着せていたら
頭がうまく出ず、へんてこりんな小人のようになり、思わず大笑い。
DSC_5031.jpg

わが身に何らかのアクシデントが起こったことはわかったようで
早速鏡を見に行き、へんてこな着こなしが気に入ったようでとってもご満悦。
DSC_5033.jpg

つるんと頭が出て、普通の姿に戻ってしまうと「もういっかい」と再現を求めにきて
じっくりと自分の姿に見入っていたのですが、ひょっとしてナルシスト?
DSC_5032.jpg

にわこには、こっけいな自分の姿を楽しんでいるのか、
はたまたイケテル着こなし(オシャレ)と思ってうっとりしているのか
判断が付きかねるのですが、最近よく鏡を見に行きます。

大体、ぬいぐるみのメル君をおんぶしている自分。とか
トーマスの上着を着ている自分。とかをニコニコと見ているのです。
by なにわのにわこ
23:55 | 未分類 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

姑根性

朝の8時台はニワスケのテレビタイム。

ニワスケがテレビに気をとられている間に
にわこは掃除、皿洗い、洗濯物干しと午前中の家事を済ませます。
朝の7時から9時過ぎまで、子供の相手をする人員の少ない核家族には
救世主のような番組が続くNHK教育テレビ。とてもお世話になっているのです。

そして主婦が夕食準備等で忙しくなる夕方4時頃からも
これでもか、と子供向け番組が放送されます。
でもニワスケは夕方に1~2時間、公園へ行くのが日課になっているので
雨の日以外は夕方の子供番組は見ないのです。

夕方の放送といってもほとんどが朝の番組の再放送なのですが
何本かは夕方にしか放送されていない物もあり
たまに夕方テレビを見ると新鮮な気持ちになったりもするのです。

で、この夕方にしか放送されていない物に
「クッキングアイドルまいんちゃん」という半実写、半アニメの番組があるのです。
何というか、所謂「ジャパニーズアニメーション」な
顔の半分を目が占めている美少女キャラクターがアキハバラ的な衣装で
何やらやっているのですが
(にわこは台所にいてほぼ音だけを聞いている状態なので詳細は不明)
時々なぜか実写に切り替わるのです。
で、アキハバラな美少女アニメキャラが
実写になるってかなり無理があるように思うのですが
これがとてつもなくカワイイ実在の生身の女の子が出てきて
不可能を可能にしているのです。

にわこは世の中にこんなにカワイイ女の子がいるんだなぁ…
といたく感心していたのですが、我が家のニワスケ、最近このまいんちゃんを見ると
「まいんちゃん、かわいいねぇ」と言うようになったのです。

ニワスケよ、確かに、カワイイ。それは認める。
でもメイド風の衣装に身を包み、クネクネと歌い踊り
上目遣いで決めポーズをとり
なんというか「媚びている」度数満点なまいんちゃん。
お母さんはこういう子、好きではないのだよ。
お母さんはもっと素朴な、同じ子供番組でも着ぐるみのワンワンと一緒に出てくる
「ことちゃん」の方がとっても好きだなぁ。絶対性格も良いし優しいはずよ。
と心でつぶやくにわこ。

なのでやはり早期教育も重要と思い
ニワスケが「まいんちゃんカワイイ」と言う度に
「ことちゃんはもっとカワイイよね」などと価値観(偏見?)を押しつけてしまうのです。

公園で会う男の子のママさんにこの話をしたら
大爆笑で共感を示してくれ「私たち、イヤな姑になるんだろうねぇ」と
苦笑いし合いました。

決してまいんちゃん役の子役さんがイヤなのではなく
大人が与えた役柄が男子母には気に入らないだけなのです。
大人の言うとおりに演じているだけなのは
にわこオススメのことちゃんも同じなのです。

やはり女子は「素朴」「素直」が大事だと古風に思っているのか、
アキハバラなにおいに嫌悪を抱くのか
にわこがまいんちゃんを目にする度に感じる反感の正体は定かではありませんが
まいんちゃんの一挙一動は、バーチャルな世界に浸りきった息子をもつ苦悩、
愛息の純情が結婚詐欺や恋愛商法のターゲットにさらされる恐怖など
異性の子供の、性差として理解しづらい部分での漠然とした不安を
微妙に突いてくるからなのかもしれません。

もちろん媚態を感じさせない「まいんちゃん」のような
超ド級のキレイさんがニワスケの事を純粋に好いてくれたとしたら
天にも舞い上がちゃうでしょうけど。

どちらにしても「まいんちゃん」のターゲットは
プリンセス系やアイドル系がお好みの小学生くらいの女子なのだと思うので
制作者側は「2歳男児の母に気に入られなくても結構」
と100%思っておられるとは思うのですが…。
by なにわのにわこ
23:23 | 未分類 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キッズクラスへ

生後7ヶ月から通っているスイミング。
7ヶ月から3歳までがベビークラスで母親と一緒に入るのです。
その年上のクラスがキッズクラスで、こちらは子供がひとりで入るのです。

キッズクラスは2歳から3歳半までの子供対象。
ニワスケはベビーにいても良いしキッズに上がっても良い年齢になったのですが
とにかくチョロチョロと落ち着きがないので
指導員に多大なご迷惑をお掛けしてまで
キッズに上げる踏ん切りがなかなか付かないにわこ。

しかし先月からベビークラスのお友達が4人もキッズに上がり
様子を見ていると結構みんな状況に対応出来ている様子。

コーチにも相談してみたら
「チョロチョロする子を指導するのが仕事だから任せて」と言って頂き
思い切ってキッズクラスに移籍する事にしたのです。

そして本日、初のキッズクラス。

先週からヤキモキと「きっと泣く、絶対泣く。そしてプールから脱走する」
と気を揉み続けたにわこ。
悲惨なデビューの可能性に対する心構えを反復しつつ
到着したいつものスイミングクラブ。
今日はなんだかなじみの建物なのに威圧感を感じるゼ。

プールの前の体操の歌がベビーの時の「ぐるぐるどかん」から
「アンパンマン体操」に変わったからか、
いつもより圧倒的に年上の子が多いからか、
ニワスケにしてはかなり珍しく体操室で固まり、にわこに身を寄せ動かず。

これはかなり悲惨な事になる…と覚悟してプールへと送り出しました。

DSC_4911.jpg

が、しかし。
始まったプールでのカリキュラム。
ニコニコ顔で他の子と一緒にちんまりプールサイドに腰掛け
結構ちゃんとコーチの指示に従っているではありませんか!

11月デビューの子が合わせて4人いたのですが
他の3人が母親を求め泣き叫ぶ中、へっちゃらピーのニワスケ。
DSC_4923.jpg
DSC_4937.jpg
45分のプール中2回だけにわこの方を見て手を振ってくれました。
反して他のデビューの子は
プールを脱走して母親のいる見学席のガラスの前に張り付いて
哀れに泣いている所をコーチに引き戻されている…

にわこは実はニワスケに泣いて欲しかったのかも知れません。
ニワスケは本当ににわこがいなくても平気で
実はちょっと寂しく、人見知りちゃんがちょっと羨ましいのです。

人見知りちゃんはそれはそれで大変だと分かっているのですが
結構可愛がり、それなりに手をかけて育てているのだから
もうちょっと「お母さんじゃなきゃダメ!」って言ってくれてもいいじゃん…
と思うのです。

ま、良いんです。育児に見返りなんか求めたらろくな事ないんです。

そんな訳でニワスケのキッズクラスデビュー、大成功でした。

嬉しそうな表情で「楽しかった」とプールからでてきたニワスケ。

「明日も来る?」と聞くと「くる!」と即答でした。

週二回だったベビークラス。キッズは週3回しかも火・水・木と三日連続です。
初めの一ヶ月は慣れさせる為に極力全出席を。とコーチから言われているので
がんばりますが、週3回ってきついなぁ…
しかもニワスケ、既に慣れてるし…

けれどニワスケがひとりで参加する物事ってのが初めてなので
遠くからじっくりニワスケの様子を観察できるのは面白い。
しばらくは極力サボらず、がんばろうと思います。
by なにわのにわこ
21:20 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

かくれんぼ

取り込んだ洗濯物の山の中にもぐり
「どーこだ」
DSC_4900.jpg

「ここだよー」
DSC_4901.jpg



…わかってるよ。
by なにわのにわこ
00:13 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。