スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by なにわのにわこ
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

クアドリア•続報

子ども自ら組もうとしないと不満に思っていたクリスマスプレゼントのビー玉転がしのクアドリア。
やっと自分で組み始めました。


第一作目はスパイラルスロープのみ。しかし、ビー玉の出口の積み木パーツを配し、それに伴い入口の積み木の高さ調整の小さなパーツも入れねばならないので結構コツがいるのですが、言わずとも自分でやっていました。ジェンダーフリー派の叱責を受けそうですが、やはり男子はこういった『構造を理解する』能力があった方がかっこいいと思うのでにわことしては単純に嬉しい。褒めるとニワスケも嬉しいようでニワジロウにも同じものを作ってやっていました。ニワジロウ用の出口付近の白木の積み木はビー玉が散らばるのを防ぐため。付属のビー玉受けが一つしかなく困っていたのでにわこがアイデアを伝授しました。こう言ったところまで自分で考えるようになっていただきたいとさらなる野望。


あまりににわこが褒めたので二作目も。
これはカーブを組み合わせた丸型。ビー玉を落とす場所も一つに設定でき、レールの厚みの調整も取れていて、ああしろ、こうしてみたら等うるさく言うより自分で考えるまで待つことに勝るものはないのだなぁ~とつくづく思った次第です。
でもまたなにかついつい言っちゃうんですが…

この日、幼稚園で最寄りの小学校まで行き、小学生と凧揚げをするイベントがありました。
感化されたのでしょう。ビー玉レールの周りに恐竜の人形を配し『恐竜小学校』の設定で遊んでいました。
ニワスケ先輩が転がすビー玉を恐竜たちが見学する趣向です。
手前が肉食チーム。奥が草食チームです。
ニワスケはまずその恐竜が肉食か草食かが重要で、このチーム分けは彼の恐竜遊びの基礎設定なのです。



スポンサーサイト
by なにわのにわこ
04:51 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最近のニワジロウ


ニワジロウ、12月末に二歳になりました。

ワンワン、ニャンニャン、ゴハンくらいしか言わないので少し言葉が遅いのかも…と心配していたのですが12月に入った頃くらいから言葉が急に増えはじめました。

まず、お父さんのことをなぜか『あーたん』と言うようになり、私のことも『ママ』。お父さん、お母さん派の家なのになぜなのだろう?『まって』も的確に使うように。ニワスケとの「置いていくよ!」「待って〜」のやり取りを日々聞き続けてきたニワジロウならではだなぁと苦笑いがうかびます。

ニワスケが最近大好きな映画『トイストーリー』もよく一緒に見ていて主要人物の『バズ ライトイヤー』が大好きな彼は『バズ』という言葉もよく発し、おもちゃ屋さんなどで関連グッズを見つけると『バズ、バズ』と教えてくれます。アンパンマンも好きで『あんぱん』と教えてくれるのでクリスマス時期におもちゃ屋さんへ連れて行った時は『バズ』やら『あんぱん』やら『きょうりゅう』やらと大変お口が忙しそうでした。

お正月明けにディズニーランドに連れて行ったのですが、そこでもトイストーリーに大はしゃぎでお土産にバズのおもちゃを自ら選びました。
家に帰ってきてからもよく遊んでいて『ねんね』と言いながらタオルの布団をかけてやったりしています。


ニワスケの時は結構ずっと付きっきりだったので何でもにわこが『〜してあげたら?』などと先に促していたように思います。ニワジロウは基本、放って置いているので勝手にこういったママゴトなどをしているとハッと驚くのです。当たり前なのかもですが子供って勝手に遊びを考えたり、成長に合わせてできることが自然と増えるんだ…と。

バズのおもちゃは振るとしゃべる設定で、そのセリフの中の『カウボーイ』という言葉も早速ニワジロウ語録に仲間入り。
にわこは本当はディズニーランドにしか売っていないバズの縫いぐるみの方が静かだし柔らかくて安全だし希少価値?もあるしで選ばせたかったのですが子供って音の出るものの方が好きなようです。
ニワスケもはじめはにわこが推す主人公ウッディの縫いぐるみにすると言っていましたが結局はピヨピヨ音のするレーザーガン。

これからこんなうるさい系のおもちゃが家に増えてくるんだろうなぁ…
by なにわのにわこ
07:59 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。