スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by なにわのにわこ
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

good enough

にわこの居住地区の子育てセンターで子育て講座が開かれました。
いつもは募集人数が少ないのでなかなか参加できないのですが
時々太っ腹企画で大人数受け入れ講座があり、今回はにわこも参加を許可されました。

こんなことを言っては申し訳ないのですが
どちらかというと講座の内容への興味よりかは参加者へのサービスの「託児」が
主な目的だったりします。

講座中の2時間、ファミリーサポートのボランティアの方々が
館内の保育室で子供を見てくれるのです。
24時間べったりニワスケとすごしているにわこには魅力的。

今回の講座内容は「しつけと体罰」についてで
専門家の先生を招いておこなわれました。

主だったお話は、「しつけ」とは
「躾」=身を美しくする、すなわちお作法を教え込む事と
「仕付け」=しつけ糸のように本縫い前に荒く形をつける事
の二つの意味があるそうです。

子供にまず教えるべきは「仕付け」の方であって
あまり細かいことに気をとられると「本縫い」になってしまい
修正や改善の幅が狭くなってしまうとのお話で、なるほどなぁ…と膝を打ちました。

また、体罰・虐待を受けている子供に対する大人の役割として
とにかく話を聴く事、がとても大事なんだそうです。

この「聴く」の漢字は「十四の心を聞く」の意味があり
一人の人間には相反する14の気持ちがあるので
例えば「お父さんが叩くから怖い」と「でもお父さんが好き」の
気持ちの矛盾を追及したりするのはナンセンスなんだそうです。

そして米国の有名な児童精神科医のお言葉として
「良い母親とは、まあまあ(good enough)の母」との紹介がありました。

体罰に関してはよく言われるような「百害あって一利なし」のお話で
外国では(米国帰りの先生でした)法律で禁止されている等
とにかく叩いてはダメ!のご意見でした。

にわこは常々思うのです。
進んで叩いてやろう、虐待してやろうと思う親などいないと思うのに
でも虐待は起こる。では何をきっかけに起こってしまうんだろう。

にわこはニワスケのことがとっても大好きで可愛いと思っています。
だから彼が暴力によってのびのびと笑う機会を封じられることは許せません。
基本的にどの親御さんもそうだと思うのに
自らが一番許せない存在になってしまうのはなぜだろう。

虐待をしてしまう親の考え方や育児の傾向など、どこかに共通点があるのでは?
自らを律するために、子供を無駄に傷つけないために教えて欲しいなぁと思うのですが
そういうことはあまり語られないのはどうしてだろう?
今回も「体罰には意味なし」との見解だけでした。

にわこは親になって1年半しかキャリアがないので
今のやり方が正しいのか、時々考えてしまうことがあります。
にわこは結構「ええがな、ええがな。今だけやししゃーないなぁ」
とあまり叱らずにいます。
いちいち本気で叱っていては身が持たないしギスギスしてしまうので
怪我をしそう、させそうな事意外は「ダメだよ」と言うくらいです。

でもこのままでは我慢の足りない子供になってしまうのでは?
とも思うのです。

こういう育て方についてももっと具体的なデータを聞きたいもんだと思うのですが
あまりそういったデータの話は出てきません。

ようするに「good enough」でいろんなことをそこそこに受け止めて
まずまずの日々を満足して過ごせということなんでしょうけどね。

いろいろと良いお話を聞かせていただいたし
自信に満ちたスピーチは聞いていてとても楽しかったです。

さて、託児室のニワスケ。
迎えに行くと泣いてました。
でもボランティアの方のお話だと10分ほど前まではご機嫌だったらしいです。
ボール落としのおもちゃを気に入ってずっと遊んでいて
ニワスケがあまりに喜んで遊ぶので他の子も集まりだしたけど
大きな子がボールを取り上げても怒らず一緒にボールが落ちる様を眺め、
小さな子にはボールを貸してあげていたそうです。

にわこはしきりにボランティアさんからニワスケのことを褒められ
ちょっと嬉しかったです。

でも、ここで「ニワスケは優しい子」と思い込んではいけません。
まだまだ1歳半。
自我が芽生えて自己主張が激しくなる魔の2歳児突入目前ですから
おもちゃを貸してあげるなんて話、これで聞き納めかもしれません。

にわこもgood enough
ニワスケもgood enoughでいこうと思います。

帰り道、もう夕方。あまりにぐずるのでパン屋さんでバターロールを買いました。
ニワスケはバギーに乗ったまま結構大きなそのパンを丸ごと食べてしまいました。
なので夕食はほとんど食べませんでした。

早速、good enoughな母でした。
スポンサーサイト
by なにわのにわこ
23:20 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
得意なこと | top | にわこは気転が利かないんだなぁ…

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://naniwanoniwako.blog99.fc2.com/tb.php/169-dc85350e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。