スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by なにわのにわこ
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ネコのこと。最終章。

拾った猫。
家から公園で一緒になるママさん宅へ移動しました。

にわこはノミのアレルギーが結構ひどくあるので
基本的に家の中で飼育しないと大変な事になるのですが
転居後の猫は毎日公園へやってきています。

にわこはすっかりそのママさん宅で飼ってもらえるものだと思っておりましたが
どうやらそうではなく、里親探しのポスター製作についての話がでたりするし
1週間交代で保護するような話の流れなので
ローテーションでにわこ家へ引き取るときはノミ対策をやり直さねばなぁ…と
草むらをウロウロするネコを眺めながら思っておりました。

で、子供達は人懐こいネコに大喜び。
どんなに入れ替わり立ち代り複数の幼児が乱暴に扱っても
野外にもかかわらず、逃げもせず、おとなしくされるがまま。
本当に「子供の友」なネコなんです。
090613-1.jpg

にわこだけで保護していたら「外に出す」なんて考えもつかなかったけれど
こうやって考えの違う人がかかわる事で子供達にも良い遊び相手ができて
新たな発見だなぁなんて思いましたが、やはり次のにわこ家への転居は恐ろしい…

そうこうと、複雑な気持ちでいた日曜日。
夕方、いつものように公園へ行くと件のママさん家族+ネコも来ていました。

しばらくネコはニワスケと追いかけっこなどをしつつ遊び
090613-2.jpg
その後、ニワスケは人間の子供と遊びだしたので
ネコは件のパパさんが見ていました。

ふと気がつくとネコがいません。

件のファミリーに「ネコは?」と聞くと
「しーーー!!」

指差す先にはネコと小型のテリア犬を連れた若夫婦さん。
しばらく様子を見ていたら、
奥様がネコを大事そうに抱えてご夫婦微笑み合い、公園を後にされました。

怪しまれない範囲で後を追いましたが
しっかりとネコを抱えていらして、飼う心積もりなご様子。
小さくピースサインの件のママさん、パパさん。

いやいやいや、
にわこはこのような「あえて消極的」な里親探しの方法があるとは
思いつきもしませんでした!
でもきっとにわこ方式でジャックラッセルのご夫婦に
「そのネコは~」と捨て猫である事をアピールしに行っていたら
きっと飼おうとは思ってもらえなかったような気がします。

たまたま散歩で出会った捨てネコ。家の犬とも好相性。
家族会議の結果、うちの子に。
と言う流れであればこそ、の決断のような気がします。

にわこだって「ウチは無理だから飼ってくれ」と拝み倒されるより
運命的に出会い、自らの選択で飼うと決めるほうがドラマチックだと思いますし。

こんな思いがけない結末で
捨て猫騒動は幕を閉じました。

ニワスケよ。
また良いネコとの出会いがあった時、環境が許せば飼えるといいね。

ネコちゃんよ。
沢山遊んでくれてありがとう。素敵な家族を自ら見つけるなんてさすが!幸せにね。
スポンサーサイト
by なにわのにわこ
22:44 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
おさがり | top | 男の子で悪いの!?

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://naniwanoniwako.blog99.fc2.com/tb.php/230-16ded307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。