スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by なにわのにわこ
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

沐浴

三年半前、ニワスケは新生児だったのです。
その世話はにわこが一手に担っていたのです。

なのでニワジロウの世話はお手の物のはずなのです。
たった三年半前のことなんですから。

が、実状は恐ろしいほど全てを忘れてしまっていたのです。
生まれたばかりのニワジロウを見て「ちっさっ!(抱っこするの)こわっ!」を連発し
母子同室の病院で赤ちゃん用品は自室に全部揃っているにもかかわらず
オムツ代えをしにわざわざ看護師さんのいる新生児室まで行って指示を仰ぎ
新米さん(一人目)対象の『沐浴指導』にももちろん参加。
案の定、惨憺たる結果で、水が入らないように耳を押さえる事は覚えていたので
その事ばかりに集中して水没させそうになったり
思い切り顔に水をかけてしまったり
DSC_7969.jpg

挙句、耳に水を入れないように
親指、中指で耳を押さえつつ手のひらで首を支える仰臥位から
背中を洗うのにひっくり返えさねばならないのですが
手の位置をそのままでひっくり返してしまい
経験者という事で少し気を抜いていたであろう指導者の看護師さんを
「あ!!首が絞まる!!」と慌てさせたりもしました。

正しくは
DSC_7963.jpg
このようにわきの下に手を入れ胸の位置を腕で支えるよう持ち替えるのです。

そんなこんなの細やかな育児指導のおかげで
自宅でも何とか滞りなく世話が出来きるようになりました。

沐浴といえば、ウチではニワスケのときからベビーバスは使わずに(買わなかった)
タブトラッグスというやわらかいバケツを使っております。

沐浴時期を過ぎて色々と使えるので結構便利で気に入っていたのですが
今回、新たな使い方を発見しました。

にわこは産後ひと月ほどは感染予防との事でシャワーのみの指示があるので
ニワジロウ→バケツ。
にわこ→シャワー。
となってニワスケのためにだけお風呂に湯を張るのももったいないし
どうしてもお風呂を沸かすと一緒に入りたがるので
どうしたもんかと思っておりましたら
ニワスケから妙案が。

くだんのタブトラッグスに自分も入る。と言うのです。
DSC_7735.jpg
で、このようにご機嫌でひとり風呂。
ニワスケ命名「中くらいのお風呂」でございます。

しばらくこの「中くらい風呂」のブームが続きましたが
ニワジロウも生後一ヶ月を過ぎ、大人と一緒のお風呂に入ってよくなってからは
ニワスケも大きな(?)普通の浴槽での入浴に戻りました。

大活躍してくれたタブトラッグスはイレギュラーのお風呂特需の任務を終え
今は静かに洗濯物入れとして脱衣所で本来の業務に戻りました。
たぶん次の舞台は夏の水浴び特需でしょう。
スポンサーサイト
by なにわのにわこ
20:46 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
地震 | top | 家族が増えました。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://naniwanoniwako.blog99.fc2.com/tb.php/301-d05c6ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。