スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by なにわのにわこ
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

地震

一昨日、見るともなしにテレビをつけていたら緊急速報が流れて
東北で随分大きな地震との事。しばらくしてから大阪も揺れました。

ニワスケに「お母さんのところにおいで!」と呼び寄せ
ニワジロウはちょうどぐずり対策でスリングに入れて抱っこしていたので
三人でリビングの真ん中で
(落下物がすくなさそう・ニワジロウ抱っこでテーブルの下に入るためにかがめなかった)
身を寄せ合ったのですが
ニワスケは地震で揺れているのもよく分からないようで
すぐに「ぼくはトップハムハット卿(機関車トーマスの鉄道会社の社長)で遊んでるから」
と離れていこうとするので
お母さんが呼んだらすぐ来るように、お母さんが動くなといえば動いてはいけない、と
きつく言い聞かせましたがどこまで分かっているのかは不明…

揺れた瞬間、冷たい手で心臓をつかまれたような気分になりました。

そしてつくづくと「どうしよう…」と思ったのです。

わからんちんの調子乗りのニワスケと首も据わらぬニワジロウ。
この二人を基本的ににわこ一人で守りきれるか…と怖くなったのです。

もちろん守りきる覚悟です。
でも一人の人間の覚悟なんて自然災害の前には朝露ほどの儚さなのは
阪神大震災の被災者として身にしみているのです。

とにかく建物の下敷きになる事を免れたなら
ニワジロウ抱っこ紐、ニワスケ歩き、もしくはおんぶで安全と思われる場所まで行こう。
放りっぱなしだった災害持ち出しリュックを点検して
ニワジロウの着替えとオムツを追加、家にあったチョコレートと飴を入れました。


今、改めて思う事。
にわこは親になったんだという事。

当たり前のことなんですが守りたい者がいるということの重責感に
なんだかザワザワと落ち着かない気持ちです。

阪神の震災の時、にわこは独身で実家で暮らしていました。
もう立派に成人してましたので自分で考えて自分で行動していたつもりでした。

でも親となった今、思うのです。
例えば給水車に水を汲みに行ったりして役に立ってるように思ってたけど
その時間は誰が教えてくれた?水の容器は誰が手渡してくれた?

食料の心配をせずにすんだのは、にわこの町が
比較的救援物資を受けやすい立地だったからだけではないのです。
父や母が大丈夫そうな顔で大丈夫だと笑っていたからなんだと。
もうにわこは自分が不安だからと素直に不安な顔はしてはならないのです。
ニワスケが不安がるから。(ニワジロウはまだ分からないでしょう)

大好きな町が自分の見慣れた姿でなくなること、とても辛い。

神戸の地震のとき、ラジオから流れたニシムラコーヒーの社長さんの言葉。
「神戸にはまだ変わらず六甲山があり海がある」
にわこは大変勇気付けられた言葉ですが
被災地の人たちはきっとまだ背後にいつも見慣れた山があると
見上げる気持ちにはならないでしょう…

被災地の人ににわこができる事はほとんどないのが現状ですが
とにかくにわこがするべきはニワスケとニワジロウの命の確保だと
身を引き締めて冷静にいつもの生活を送ろうと思います。

一応、関東地区住む親族等、皆の無事は確認できました。

地震当日、東京勤務の兄。隣県の家族の待つ自宅まで歩いて帰るとのこと。
やはりわたしら健脚兄妹だと、健脚に育ててくれた親に感謝。

にわこももちろん大阪で被災し、神戸方面が無事と分かれば
20キロ以上離れた実家まで二人を担いで歩くつもりでおります。

災害の前では、あまりに小さな、小さな、願いではありますが
どうか一人でも泣いている人が少なくなりますように。

狭い家でよかったら被災地の子供の2人くらい預かれるように思うんだけどなぁ…
小さな子がいたらなかなか家の復旧作業もし辛いだろうし…

それもこれもとにかく民間人が自宅の復旧に取り掛かれる状態にならないと…
はやくそうなるといいな…
神戸の地震のとき、やっぱり「復興の槌音」って明るい気持ちになりましたもの。

いつも車で通っていた県道の陸橋が修復され、開通になったとき
運転しながら涙が出た気持ち。
あの気持ちを一日も早く感じていただきたいと切に願うのです。
スポンサーサイト
by なにわのにわこ
06:55 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
兄弟… | top | 沐浴

Comments

#
本当に地震怖かったですね。うちも子供はまったく感じず遊びほうけていましたよ。。。

私もいざと言うとき子供をつれて逃げれるか不安です。
とりあえず、命さえ助かれば人間は強いので生き延びれると思います。
私は震災時2日何も食べなかったですから。
でも、それを2歳の子供に強要するのは無理な話ですよね・・・

どうしよう、どうしたらいいんだろうと気持ちだけが落ち着かないです。

そして被災地の状態がひどいのはわかったけど、まだ安否のわからない人や救援物資を待ってる人に援助の手を差し伸べて欲しいです。
避難所に来れた人はいいけど、これていない人もいるはずだし。。。

政府は子供手当てを即刻廃止して、復旧にお金をまわして欲しいです。
by: いまい | 2011/03/13 17:17 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
本当に映像で見えているのに手が届かないってもどかしいですよね。
オムツもおにぎりも人手もあるところにはあるのに…

神戸の震災はお隣の大阪や岡山はなんとも無いって分かっていたけど
今回は広範囲だし原発事故がかなり重たい暗雲で
前向きな気持ちになるのが難しい…

せめて見通しがつけば随分気持ちが違うのに…と歯がゆいです。

by: なにわのにわこ | 2011/03/21 20:46 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://naniwanoniwako.blog99.fc2.com/tb.php/302-ce3453f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。